ECカートの種類は全部で4タイプ|機能・費用の比較とサイトごとの選び方

EC

ECサイトを運営するうえで欠かせないものが「ECカートシステム」です。ECサイトを通じてユーザーが効率よく商品を購入できる仕組みなので、できるだけ早めに導入を検討しておきたいところです。

今回は、ECカートシステムを4つの種類に分け、それぞれの特徴を比較しています。

搭載されている機能や導入コストなどが異なるため、自社ECサイトの規模や販売数に応じて選んでいきましょう。年商ごとに最適なカートシステムを紹介していますので、そちらもご確認ください。

 

広告

ECカートシステムとは?決済以外にも機能が多い

ECカートシステムとは、ECサイトでユーザーからの注文を処理する仕組み・サービスのことです。ユーザーはECサイトで好みの商品を見つけると、それをショッピングカート(またはカゴ)に入れることで決済ができます。

ECサイトだからといってカートシステムが必須というわけではありません。事実上、カートシステムがなくてもECサイトでの物販は可能です。

しかし、ECカートシステムを導入しておくことでユーザーの利便性は大きく向上します。ECカートシステムには次のような便利な機能があるからです。

  • 注文の受け付け(受注)
  • 注文データの保存
  • 配送期間や住所の指定
  • 支払方法の指定
  • 決済機能
  • 販売データ分析機能
  • ユーザーへのアフターフォロー

上記がECカートシステムの基本的な機能です。

ECカートシステムを提供するサービス会社の種類により、さらに機能が追加されることもあります。

または、最低限の機能だけを提供し、できるだけ導入費用を抑えたサービス会社も存在します。

ECサイトを構築する場合、自社の商品や販売数、事業規模などに合わせて適切な機能を選ぶべきです。

上記の通り、サービス会社によって提供する機能やコストはさまざまなので、ECサイトに最適な業者の種類を把握しておきましょう。

 

ECカート4つの種類|それぞれの機能・費用を比較

ECカートシステムは以下の4種類に分かれます。それぞれのショッピングカートごとにサービスを提供する業者が存在します。

  1. パッケージ・高機能ショッピングカート
  2. オープンソース型ショッピングカート
  3. クラウドASP型ショッピングカート
  4. 低価格ASP型ショッピングカート

ECサイトを導入する前に、まずショッピングカートに必要な機能や予算を決めておきましょう。

それがECカートシステムを最適なコストで導入するコツです。サービス会社選びに失敗してしまうと、余計な機能やコストのほか開発にも時間がかかるため、プロジェクトの計画が台無しになってしまいます。

1.パッケージ・高機能ショッピングカート

パッケージ型ショッピングカートとは、ECサイトの特性に合わせて自由にカスタマイズできるシステムのことです。

ECカートの基本的な機能のほか、複数の管理システム(顧客管理システムなど)や分析ツール、商品ページとのセット販売など、業者によってさまざまなサービスを提供しています。利用できるツールが多いことから、高機能ショッピングカートとも呼ばれます。

パッケージ型ショッピングカートのメリットは、自社ECサイト独自の顧客購買ルートを構築できる点です。たとえば、商品の掛け合わせの対応や値引き、ステップメールの導入などが挙げられます。

システム導入や修正の柔軟性が高い反面、導入費用が高くなりがちな点に注意してください。

2.オープンソース型ショッピングカート

オープンソース型ショッピングカートとは、Web上に公開されているアプリケーションやソフトを利用する方法です。

無償で公開されていることが多く、導入コストを大幅に抑えることができます。さらに、オープンソース型ショッピングカートはカスタマイズも容易です。

一方、オープンソース型ショッピングカートの導入やシステム変更には、プログラミングなど専門知識が要ります。バージョンアップごとにコストが発生し、すべて自己負担しなければならない点もデメリットの一つです。

3.クラウドASP型ショッピングカート

クラウドASP型ショッピングカートとは、システム運用をすべてWeb(クラウド)上で行えるサービスのことです。

パッケージ型ショッピングカートの機能をソフトをインストールすることなく、サービス会社のWebシステム内で利用できます。各機能はWebシステム内でレンタルする形となるため、同じアプリケーションを複数社で共用します。そのため、1社あたりの費用を抑えられる点が大きなメリットです。

しかし、システムが共有されているだけに修正や変更の融通は利きません。また、同じサーバーを複数社で共有することになるので、ほかのECサイトの不具合やシステムエラーの影響を受けやすくなります。

4.低価格ASP型ショッピングカート

低価格ASP型ショッピングカートとは、クラウドASPの機能を最低限に抑え、コストを最小まで下げたサービスのことです。仕組みはクラウドASPと同じですが、それほど多くの機能が必要ないという小規模店舗や個人事業主向けに開発されました。

機能が制限されているので使い方もシンプルで、初心者の方にも向いています。

しかし、デザインやレイアウトなど細かいカスタマイズはできず、柔軟性に欠ける点がデメリットです。

 

ECサイトに合わせたカートシステムの選び方

カートシステムを選ぶときは、自社ECサイトの売上規模(年商)が一つの目安となります。年商1億円を基準として、規模に合わせたECカートシステムの選び方を紹介していきます。

年商1億円未満のECサイト

年商1億円未満のECサイトの場合、低価格ASPやクラウドASP型のショッピングカートがよいでしょう。

また、小規模法人でもプログラミングに詳しいIT人材が揃っている場合、コストを下げることができるオープンソース型ショッピングカートも向いています。

売上規模が小さければ販売点数も少ない状態なので、最低限の機能さえあれば十分に業務が遂行できます。必要機能が少なければシステムの導入コストを抑えられるため、低価格ASPなどが適しています。

十分な販売量がない状態でパッケージ・高機能ショッピングカートを導入してしまうと、せっかくの機能やツールを利用せずにムダが発生しがち(=宝の持ち腐れ)です。また、組織のスタッフが少ないと、大量の機能に振り回されてしまう恐れもあります。

年商1億円以上のECサイト

年商1億円以上のECサイトでは、オープンソースやパッケージ型のショッピングカートがおすすめです。

事業規模が拡大してくるとECサイトのカスタマイズや保守に十分な資金を投入できるため、柔軟性のあるオープンソースやパッケージ型が向いています。また、オープンソースやパッケージ型は導入費用(または開発費)が高く、利用するには資金力も必要です。

 

高機能でオススメなカートはEC Force

ECサイトの販売数が伸びビジネスが成長してくると、高度な管理システムの必要性が生まれます。

たとえば、販売点数が増えてくると従来のシステムでは対応できず、より効率性を重視した一元管理システムが必要です。

そのため、ECカートシステムを更新し、より豊富な機能を備えたサービスを利用する機会も増えてくるでしょう。

EC Forceは、高い機能性を備えたECカートシステムを提供しています。カートシステムの基本的な機能だけではなく、広告運用、メーカーコンサルティングに対応している点が特徴です。

ECサイトの成長期には、広告分析を効率化させ、今まで以上の高い集客パフォーマンスを発揮することが欠かせません。EC Forceは、膨大な量の広告タグ管理を一元的に行い、広告分析をより効率化させることができます。

また、EFO(入力フォーム最適化)を活用したフォーム一体型LP(ランディングページ)のノウハウも提供しています。フォーム入力時の離脱率を下げ売上効率を向上させることが可能です。

EC Force

https://ec-force.com/

ecforce はLP作成から受注・顧客データ管理分析など、ECに必要な機能を揃えたオールインワンECプラットフォーム。…

【まとめ】ECサイトの成長サイクルに合わせたカートシステム選び

ECカートシステムの種類は4タイプに分かれ、それぞれ機能やコストが異なります。ショッピングカートはECサイトの成長に合わせて更新していくことができるため、低価格ASPからオープンソース、そしてパッケージと段階によって利用するサービスを変えていきましょう。

事業規模が拡大してくると効率化を重視した高機能カートシステムの重要性が増します。

今回お伝えした「EC Force」は、特に集客やCVR向上を重視するECサイト運営者の方に最適です。興味のある方は、まず商品の詳しい内容からご確認ください。

最新情報をチェックしよう!